わきがの保険適用について

わきがの保険適用について

スポンサードリンク

.

わきがの保険適用について

手術

わきがの根本的な治療には外科手術が必要となります。

しかし治療となれば当然費用は大きな問題です。普通の病気であれば健康保険が適用され、何分の一かの費用で治療を受けることができますが、わきが(腋臭)の場合はどうでしょうか。わきがの症状が重度であれば保険の適用が認められています。わきがの手術は保険診療上は腋臭症手術という項目に当てはまります。条件としては「悪臭甚だしく他人の就業に支障を生じる事実が明らかであって、客観的に医療を加うべき必要がある場合は給付して差し支えない。軽度のものは給付外」というものです。ただし、わきがの治療ならなんでもというわけではなく、皮下組織剪除法という方法の手術のみの適用です。これは皮膚を切ってアポクリン汗腺を取り除く、確実な手術方法です。保険上は皮弁法という分類になります。


ページのトップへ ▲

保険適用ができる皮弁法のデメリット

安静

健康保険が適応されれば費用は格段に抑えることができます。保険診療は国が決めた料金以外は取れない決まりになっているからです。では保険が適用され、かつ確実性の高い皮弁法以外にもたくさんの治療法があるのはなぜでしょう?皮弁法は術後も10回程度の通院が必要な上、手術直後は安静にしていなくてはいけません。重い荷物を持つこともできませんし、車の運転も避けたほうが良いのです。これは仕事を持つ人にとってはなかなか難しい場合も多いでしょう。切開手術になりますので傷跡も残ってしまう場合があります。

また、もう一つの理由としては保険診療の料金内では患者さんのニーズに合った治療が行えないという現実があります。最近では大学病院などでも美容整形などの専門医を紹介することもあるようです。

保険の適用は重度のわきがに限ったことですので、軽度の場合は注射や電気での治療などで十分なことも多いようですし、治療によっては保険が適応されなくても、安価な場合もあるようです。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク

Copyright (C) わきが治療のすべて All Rights Reserved.