重曹はわきがの原因?

重曹はわきがの原因?

スポンサードリンク

.

重曹とは

石鹸

正式名は、炭酸水素ナトリウムというナトリウム化合物です。最近では害の少ない洗剤代わりとしてすっかり有名になった重曹ですが、その性質を利用してわきがの予防にも使うことができます。重曹のわきが予防効果はこの物質の「アルカリ性」性質によるものです。

重曹の消臭作用は、わきがの原因となるアポクリン汗腺などから分泌される酸性物質を、アルカリ性にすることにより、わきが臭などの臭いを抑制します。 アポクリン腺やエクリン腺さらには皮脂から分泌されるにおいの成分には、酢酸、酪酸、プロピオン酸といった酸性傾向を示すものが多いのですが、これらは重曹の「酸ーアルカリ中和反応」で、無臭化されるのです。

また、重曹のもつ殺菌作用もわきがの予防に効果的です。重曹は、安全で身近なデオドラント剤でもあるのです。肌の弱い人にも安心です。使い方としては水で溶いてスプレーにするか、パウダーとしてそのままわきにはたくのもよいでしょう。

さらには、重曹石鹸というものが市販されています。一見万能の重曹ですが、欠点もあります。それはアルカリ性ということ。もちろん、アルカリ性だからこそわきのにおいを中和してくれるのですが、アルカリで表皮のブドウ球菌を洗い流してしまうと、表皮ブドウ球菌が減りすぎてしまいます。代わりにアルカリ性を好む黄色ブドウ球菌やその他の有害菌が繁殖し、強烈なにおいを発します。重曹を使うときは飽くまで軽く、控えめにを心がけましょう。


ページのトップへ ▲

重曹で黄ばみを除去

黄ばみ

わきがのなやみの一つに服のわきの部分の変色があります。これはアポクリン汗腺から分泌される汗には「リポフスチン」という色素が含まれているため。また症状が重度になれば鉄分が含まれることもあるようです。重曹は衣服の黄ばみを予防することができます。

あらかじめ、衣服の内側に水で溶いた重曹をスプレーしておくと効果的です。


ページのトップへ ▲

重曹と組み合わせて効果倍増ミョウバンの力

わきが

加減が難しい重曹ですが、そこで便利なのがミョウバンです。ミョウバンとはカリウムやアルミニウムなどの金属が、結び合ってできている、複合塩の総称。食物の発色剤や麺のかんすいとして私たちの生活にも馴染み深いものです。ミョウバンは弱酸性の性質を持っています。重曹と比較すると、脱臭作用は劣りますが、皮膚表面の弱酸性をキープし雑菌の繁殖を防ぐ、強い制菌作用があります。使い方としてはその使い方ですが、 重曹水で臭いを強力に脱臭して、アルカリになった皮膚のPHをミョウバン水で整えてあげると皮膚はちょうどよいPHになります。とても安価ですが、肌にも優しいお手入れです。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク

Copyright (C) わきが治療のすべて All Rights Reserved.