わきがの治療薬

わきがの治療薬

スポンサードリンク

.

わきがの治療薬

デオドラント

わきがを完全に断ち切るのは外科手術しかありませんが、日常生活に差し支えない程度を望むのであれば選択肢は他にもいくつかあります。わきが治療の一つとして知られているのが、治療薬によるものです。抗生物質軟膏などクリームタイプのものから、汗のコントロールに有効とされるフェノキシベンザミン、プロパンテリンといった経口薬があります。手軽で、また費用も比較的手頃なのが治療薬の特徴です。ただし、わきが治療薬はあくまで一時的に臭いを抑えるためのもので、根本的な治療というわけではありません。時間の経過とともに治療薬の効果は薄れてきます。 わきの下を清潔に保ちながら利用すると効果的、という程度に考えましょう。

また、治療という対処療法ではなく制汗、つまり汗そのものを止めるというやりかたもあります。市販の制汗剤は殺菌作用のある成分がはいっていますので、雑菌の繁殖をおさえることが可能です。


ページのトップへ ▲

治療薬(内服薬)

漢方薬

わきがそのものというよりも多汗症の治療に使われる薬であることが多いのです。

わきがの症状を持つ人は汗の分泌量そのものも多い傾向にあること、汗の量が少なくなれば必然的に細菌の数も減ることから効果が期待できます。効果にはかなり個人差があり、これだけで決定的な治療とは言えません。しかし、消臭効果があると言われる食品(マッシュルームなど)を原料とするものや、漢方薬など、継続して服用すれば体に負担の少ない予防法と言えます。


ページのトップへ ▲

治療薬(外用薬)

治療薬

薬局などでたくさんの種類が販売されています。制汗を目的としたものや、殺菌を目的にしたものなど、さまざまです。自分の症状に合わせて試してみることが重要でしょう。また、制汗に効果的と言われる塩化アルミニウムは根本的な治療というわけではなく、一時的に汗を止めるもので、皮膚にかなりの負担をかけます。薄いものから始めましょう。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク

Copyright (C) わきが治療のすべて All Rights Reserved.